雑誌や新聞などの紙製品

正しい処分方法を学ぼう

新聞やチラシ、書類などはまとめて紐で縛ってください。
すると出しやすくなりますし、回収する人も作業しやすいのでみんなが助かります。
それ以外にじつは、牛乳パックも資源に該当します。
そのまま出すと臭いの原因になりますしかさばって邪魔になるので、洗ってから小さく解体してください。

食品トレイも牛乳パックと同じようにリサイクルに出しましょう。
そのように同じ紙製品でも、処分方法が変わるものもあります。
間違った方法で出しても、回収してもらえません。
正しい方法を活用できるように、わからなかったら調べてください。
牛乳パックやトレイを解体する際は、ハサミやカッターでケガをしないように注意しましょう。
子供に手伝ってもらう際は、大人が見守っていてください。

何から作られているのか

みなさんは、紙製品の原材料を把握していますか。
紙製品は、木から作られています。
ですから新しい紙製品を作り出すためには、森林を伐採する必要があります。
このまま伐採が続くと、なくなってしまうでしょう。
しかし使い終わった紙製品を再利用することで、資源を無駄に使わなくて済みます。

雑誌や書類も専用の工場に行くことで、綺麗で真っ白い紙に生まれ変わります。
そのような紙を、再生紙と呼んでいます。
今後コピー用紙やノートを購入する際は、再生紙を積極的に選択するといいですね。
またコピー用紙のように薄い紙だけでなく、段ボールといった厚い紙も資源を再利用して作ることができます。
可能性が無限大なので、紙製品はできる限り再利用しましょう。


Shear!

B!