正しい知識を入手しよう

ごみは再利用できないもの

一見同じに見えますが、ごみと資源は全く異なるものです。
資源は回収されて、新しい製品に生まれ変わります。
するとわざわざ資源を使わなくても良いので、未来に資源を残すことに繋がります。
地球上にはたくさんの資源が存在していますが、どれも限りがあるものです。
大事に使わないとなくなって、生物が生きていけなくなってしまいます。

ごみはもう完全に使いきって再利用できないものを指しています。
処分する際は、地域のルールに従ってください。
道路に投げ捨てると、環境が悪くなります。
環境は1人1人が意識しないと、すぐに汚れるものだと覚えておきましょう。
資源にも種類があるので、詳しく調べることをおすすめします。
すると簡単に、資源を分別できるでしょう。

子供にもわかりやすく教える

何が再利用できて、何ができないのか学校でも教えています。
すると小学校低学年ぐらいの子供でも、リサイクルがどれだけ大事かを理解してくれるでしょう。
学校で習ったことを家族に話して、家族みんなでリサイクルに貢献することに繋がります。
地球環境を良くするために、子供に資源やごみのことを教える活動が推進されています。

大人でも、リサイクルのことを深く考えたり勉強したりしたことがなかった人がいるでしょう。
この機会に、親子で勉強するのもいいですね。
今まで知らなかった事実を把握できますし、今後は正しくリサイクルができます。
親が真面目にリサイクルに取り組むことで、子供もマネをします。
子供の頃から教えると、大人になってからも自然にできるようになるでしょう。


Shear!

B!