何度もリサイクルして使おう

ごみと資源の違いを探る!

  • 正しい知識を入手しよう

    大きな違いは、再利用できるかどうかです。 ごみはもう使い道がないので捨てるしかありませんが、資源は新しい製品に生まれ変わることができます。 資源の無駄遣いを防ぐために、みんながリサイクルに取り組まなければいけません。 自分だけでなく、家族で協力しましょう。

  • 雑誌や新聞などの紙製品

    毎日自宅に新聞やチラシが届く家庭が多いでしょう。 それらは紙製品なので、リサイクルにできる資源です。 燃えるごみに出すのはもったいないので、分別して回収してもらいましょう。 他にも身の回りには、リサイクルできる紙製品がたくさんあります。 どんなものなのか調べましょう。

  • ペットボトルもリサイクル

    スーパーや自販機で販売されている飲み物の容器に、ペットボトルが使われることが多いです。 それも再利用できる資源なので、処分する際は専用の回収ボックスに入れてください。 その際はキャップやフィルムは外しましょう。 ペットボトルも、様々な製品に生まれ変わります。

再利用できることが条件

ごみは、もう使用できないものになります。
生ごみなどがそれに該当するので、毎日分別してください。
資源は専用の工場に行くことで、再び製品に生まれ変わることができます。
ここが、ごみと資源の大きな違いになります。
何がごみで、何が資源に含まれるのか詳しく知ってください。
適当に分別していると、再利用できる資源を捨ててしまいます。
リサイクルできるチャンスを逃すのはもったいないので、積極的に取り組みましょう。

紙製品は、リサイクルできる資源に該当します。
学生は勉強するために、ノートを使っているでしょう。
社会人は書類を使うことが多いです。
それらが紙製品になるので、資源を回収する日にまとめて出してください。
それ以外にもお菓子の空き箱や、雑誌や新聞なども資源になります。
新しいコピー用紙やノートになったり、段ボールなど丈夫な紙製品に生まれ変わったりします。
紙製品をリサイクルすると、森林を守れるメリットが生まれます。

ペットボトルも資源に含まれます。
地域の回収日に出しても良いですし、街中の回収ボックスに入れる方法もあります。
駅や公園など、よく人が行き交う場所に回収ボックスが設置されているので、処分したい時にすぐ見つかるでしょう。
空き缶も資源なので、適当に捨てないでください。
その辺の道路に捨てることは、法律で禁止されています。
環境を守るためには、みんながごみと資源の違いを理解することが欠かせません。
さっそく勉強しましょう。